2010年04月22日

恒久的市民税減税 議会に条例改正案 河村名古屋市長(産経新聞)

 河村たかし名古屋市長は、19日に開会した臨時市議会に、恒久的な市民税10%減税を実施するための条例改正案を提出した。市民税減税は市長の最大の公約で、市議会は昨年12月に一度は恒久減税条例案を可決したが、この3月には平成22年度に減税を限定する内容に改正していた。

 河村市長はまた、年間約1600万円の議員報酬を半減させる条例改正案も提出。これまで並行して成立を目指していた議員定数半減条例案の提出は見送った。

 議員報酬半減などをめぐって市長と議会側の対立は深まっており、恒久減税条例案の臨時議会での成立は難しいとみられる。市長の支援団体「ネットワーク河村市長」は、市議会の解散請求(リコール)に向けた活動を始めている。

羽生が2連勝=将棋名人戦(時事通信)
宗教法人代表、無罪を主張=女性信者乱暴−水戸地裁支部(時事通信)
窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可(医療介護CBニュース)
菅家さんが選挙権回復=「市民として社会参加」−栃木(時事通信)
将棋 羽生強気、終盤へ 名人戦第2局(毎日新聞)
posted by キタヤマ ケンジ at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。