2010年02月01日

長男殺害、両親に実刑=裁判員「知的障害に支援必要」−さいたま地裁(時事通信)

 知的障害を持つ長男=当時(42)=を絞殺したとして、殺人罪に問われた無職佐藤久仁夫(73)、妻和子(67)両被告の裁判員裁判で、さいたま地裁(大谷吉史裁判長)は1日、両被告にそれぞれ懲役4年(求刑はいずれも懲役5年)の判決を言い渡した。
 判決は「知的障害や病気があることで、人間の尊厳や人生の可能性が奪われてよい道理はない」とした。
 弁護側は、被害者が更生施設から一時帰宅するたびに暴力をふるった事情を指摘し、執行猶予を求めていた。
 判決後の記者会見で、裁判員を務めた主婦木下テイ子さん(60)は「社会問題としてサポートしていかないといけない事件だ」と語った。 

地域医療再生計画「医師会の参加が大事」−厚労省有識者会議が初会合(医療介護CBニュース)
周産期医療体制整備指針改正を通知―厚労省(医療介護CBニュース)
臨時接種に「2類」創設へ=弱毒性新型インフルに対応−厚労省審議会(時事通信)
小沢氏、土地売買「秘書に報告をしろと言ってない」(産経新聞)
首相、外国人参政権「簡単ではない」(産経新聞)
posted by キタヤマ ケンジ at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。