2010年06月19日

公判前手続きなしの証拠調べは「違法」 東京高裁が指摘(産経新聞)

 覚醒(かくせい)剤を飲み込んで密輸したとして、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)罪などに問われた無職、櫛田勇二被告(53)の控訴審判決公判が16日、東京高裁で開かれた。金谷暁裁判長は「公判前整理手続きによらずに、証拠調べを行ったのは違法」と指摘した。

 一方、「正規の手続きを踏んでも同じ結果となるのは明らか」として、懲役11年、罰金500万円(求刑懲役14年、罰金700万円)とした1審千葉地裁の裁判員裁判判決を支持、櫛田被告側の控訴を棄却した。

 判決によると、千葉地裁は昨年12月までに公判前整理手続きを5回開いたが、その後も、今年3月の初公判までに、弁護人や検察官と非公式の打ち合わせを開催。この中で新たな証拠採用などを行ったが、再度、公判前整理手続きを開いて確認をしなかった。

【関連記事】
覚せい剤事件被告人質問始まる 福岡地裁
福岡地裁で9月9日に九州で初の裁判員裁判
屋根裏部屋で覚醒剤密造 イラン人2人逮捕 製造マニュアルも
「好奇心から…」薬剤師を覚醒剤所持で逮捕
キムチ容器に覚醒剤 北朝鮮通訳が中国で拘束か
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

<口蹄疫>宮崎市が運動公園を閉鎖…高校野球県大会会場(毎日新聞)
枝野幹事長 外国人参政権法案「拙速にできぬ」(産経新聞)
首相動静(6月16日)(時事通信)
“撮り鉄”興奮 東北新幹線「はやぶさ」初お目見え(産経新聞)
<近聞遠見>連載1000回記念パーティー 都内で(毎日新聞)
posted by キタヤマ ケンジ at 03:32| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。