2010年03月15日

香り懐かしいセルロイド 半世紀ぶり復刻、静かなブーム(産経新聞)

 東京の下町で量産され、温かな手触りで愛されたセルロイド人形。昭和半ばで生産が下火になったが、半世紀ぶりに復刻された「ミーコ」という人形によって、静かなブームが起きている。

 ミーコは巻き毛にレトロな顔立ち。薄く軽い体は「樟脳(しょうのう)」など植物由来の合成樹脂から成り、ハーブのような香りが漂う。「この香りは新品でしか楽しめません」と、足立区の平井英一さん(63)。日本最後のセルロイド人形師だ。十数キロの金型で焼く作業は重労働。顔は手描きで繊細さが求められる。

 昔の金型を見つけ、平成14年末から銀座の人形店などで販売にこぎつけた。「懐かしい」と口コミで広まり、今ではファンの交流会も行われている。

 1体3500円〜。問い合わせは「セルロイド・ドリーム」、TEL03・3605・7724。ネットでも購入可能。

進次郎氏、お国言葉で大ウケ(スポーツ報知)
<名古屋市議会>「市民ともっと対話を」…独自改革で公聴会(毎日新聞)
「人間関係イライラ」患者の肋骨折る 看護師逮捕(産経新聞)
2011年度のがん対策に向けた提案書を了承(医療介護CBニュース)
<新潟市美術館>国宝展示「認めぬ」 管理に問題…文化庁(毎日新聞)
posted by キタヤマ ケンジ at 20:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。