2010年02月05日

<訃報>川村たかしさん78歳=児童文学作家(毎日新聞)

 川村たかしさん78歳(かわむら・たかし=本名・川村隆、児童文学作家、日本児童文芸家協会長)30日、肺気腫のため死去。葬儀は3日午前11時、奈良県五條市五條4の10の1、五條市斎場ハートピアさくら。自宅は同市新町2の1の14。喪主は長男隆一朗(りゅういちろう)さん。

 五條市出身。同市内の小、中学校などで教師をしながら児童文学を発表した。代表作に「新十津川物語」「山へいく牛」など。

名護市移設、地元情勢は困難=「普天間」で米次官補と会談−北沢防衛相(時事通信)
<臨時接種>規定見直しへ 新型感染症に備え(毎日新聞)
<名古屋ひき逃げ>運転者は岐阜県内のブラジル人 行方追う(毎日新聞)
伊丹空港は「このままでは自然消滅」 橋下知事が地元との意見交換会で」(産経新聞)
日医会長選、京都府医の森会長が出馬表明(医療介護CBニュース)
posted by キタヤマ ケンジ at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デフレ克服、日銀と一体で=新成長戦略で経済成長−菅財務・経財相(時事通信)

 菅直人副総理兼財務・経済財政担当相は29日の衆院本会議で、財政演説と経済演説を行った。財政演説では、2010年度予算案の年度内成立が必要不可欠と訴える一方、今年前半までに財政健全化への道筋を示す方針を表明。経済演説では、新成長戦略を通じ経済成長を実現すると強調し「デフレの克服に向け日銀と一体となって強力かつ総合的な取り組みを行う」との姿勢を示した。
 財政演説では、10年度末に国と地方を合わせた長期債務残高が862兆円に達するなど膨張する財政赤字について「極めて厳しい状況」と指摘。その上で「財政に対する信認を確保することは、活力ある経済社会の基盤になる」と財政規律維持の必要性を訴えた。その上で「経済成長との両立を図りつつ、財政健全化に取り組む」との方針を示した。
 経済演説では、日本が保ってきた世界第2位の経済大国の地位を中国に譲る可能性に言及した上で「成長戦略を推進することで新たな成長を実現できる」との考えを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜東京地検、小沢事務所から2000万円押収〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

【中医協】退院調整、手厚い体制への加算を新設(医療介護CBニュース)
拉致実行犯引き渡しは被害者帰国後に 中井国家公安委員長(産経新聞)
<ハーグ条約>米次官補、早期加盟を日本に求める(毎日新聞)
上田容疑者、交際相手10人から借金重ね1000万円(スポーツ報知)
八王子のスーパー射殺事件、犯人の靴を特定(読売新聞)
posted by キタヤマ ケンジ at 05:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。